産後骨盤矯正

産後骨盤矯正に関する悩みはありませんか?

いつまでもキレイな「お母さん」でいたい。

  • 妊婦でも通える整骨院を探している
  • 産後のジーンズ・スカートが履けない
  • 尾骨や恥骨、骨盤周りが痛い
  • 赤ちゃんの抱っこや授乳で肩や背中に痛みが出て辛い
  • 股関節(脚の付け根)が痛い

産後に骨盤はなぜ歪むの?

産後に骨盤が歪む画像

骨盤がゆるんでるときに周囲の筋肉の悪影響をうける
妊娠すると「リラキシン」というホルモンが分泌されます。このホルモンには全身の靭帯の結合を緩める作用があり、このホルモンが分泌されることで骨盤の結合がゆるみ、赤ちゃんをスムースに出産することが可能になります。
しかしリラキシンの分泌は出産後すぐに収まるわけではありません。少なくとも産後数ヶ月間はリラキシンの影響を受けて、骨盤の結合がゆるんでいる状態が続いています。
その状態で妊娠~出産前のいつも通りの生活を繰り返してしまうことで周囲の筋肉が無意識のうちに骨盤にたいして負荷をかけてしまい、結果としてさらに骨盤のゆがみ(アンバランス)を助長してしまいます。
つまり、産後の骨盤のゆがみは・・・
「出産したから」ではなく「骨盤がゆるんでるときに周囲の筋肉の悪影響をうける」ために生じるのです。

産後矯正は必要なの?

脂肪がつきやすくなり体型が崩れてきます
産後は骨盤をきちんとした状態に戻しておかなければ、骨盤周辺の筋肉が弱くなり、代謝が低下し、脂肪がつきやすくなり体型が崩れてきます。
骨盤が歪むと体型が変わるだけではなく、腰や脚にも負担がかかり炎症を起こしたり、生理痛がひどくなったり、不妊症の原因になるなど様々な危険があります。
メンタル面にも大きく影響してくるためストレスを感じやすくなったり。。。
「出産で開いた骨盤は自然に閉じる」と言われていたのは昔の話し。
ホルモンの影響と出産で骨盤が緩んで開き、歪みやすい状態になり、そのまま骨盤は徐々に硬くなるのです。

いつから産後矯正をうければいいの?

産後2ヶ月~6ヶ月、または1年以内がオススメです。
個人差はありますが、産後1~2ヶ月はリラキシン(ホルモン)の効果により骨盤は不安定な状態で、元に戻りやすく、更に関節部分に無理な負荷を加えてしまうこともありますので矯正はお勧めしません!
産後1年以上経過してしまうと、靭帯が固くなり長期化していまいます。
ホルモンの分泌が低下し骨盤の靭帯が硬くなってくる、産後2ヶ月~6ヶ月、または1年以内をお勧めしています!

産後の骨盤矯正の施術

産後骨盤歪み矯正

本当の意味で「妊娠前のカラダ」に戻す
「骨盤のゆがみ」だけでなく「反り腰による骨盤の前傾」を改善し、本当の意味で「妊娠前のカラダ」に戻すのが当院の産後の骨盤矯正コースの目的です。
骨盤を支えている筋肉を調節しながら骨盤を矯正していきますが、表層的な筋肉の緩和だけではなく、一般的にインナーマッスルと呼ばれる大腰筋・腸骨筋の調整をはじめ、腹圧をコントロールして身体を正しく機能させやすくするために内臓バランスの回復調整などもおこなっていきます。
また首・肩・背中といった部分の筋肉との相互のつながりも重視し、全身のトータルでのバランスを調整していきます。

なぜ、その骨盤矯正法が良いのか

機能回復に重点を置いた施術
単に施術をおこなうだけではなく、反り腰を防止する正しい姿勢の保ち方や、骨盤まわりの筋肉を鍛えてゆがみを防止するためのエクササイズも指導していきます。
特に産後は骨盤の下部を支える「骨盤底筋」という筋肉が弱くなっていて、この筋肉がゆるむことで尿漏れなどの原因となり、そのままでいると重篤な症状が発生しやすくなると言われています。
クラシオングループ院ではこの「骨盤底筋」の機能回復に重点を置いた施術やエクササイズの普及にチカラを入れており、それもまた、当院の「産後の骨盤矯正コース」の大きな特徴といえます。

産後骨盤矯正のアフターケア
戻らないようにきっちりご自宅でもできる簡単ケア法も伝授いたします!

施術の流れ

  • 1.受付

    施術の流れ_1受付

    問診票の記入をお願いします。

  • 施術の矢印
  • 2.カウンセリング

    施術の流れ_2カウンセリング

    問診票を元に、詳しく症状などについて質問させて頂きます。

  • 施術の矢印
  • 3.検査・説明

    施術の流れ_3検査・説明

    症状により簡単な検査、身体全体の検査等を行います。

  • 施術の矢印
  • 4.施術

    施術の流れ_4施術

    あなたの症状に合わせて、オーダーメイドの施術をします。

  • 施術の矢印
  • 5.今後の施術方針

    施術の流れ_5今後の施術方針

    今後のアドバイス、アフターケアなどについて説明します。

  • 施術の矢印
  • 6.お大事に

    施術の流れ_6お大事に

    どうぞお大事に。

受付の流れ

  • 1.お電話ください

    予約の流れ_1

  • 予約の矢印
  • 2.予約時間をチェック

    予約の流れ_2

  • 予約の矢印
  • 3.来院

    施術の流れ_3